RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

bose999's memo

OAuthを理解するためにtwitterで遊んでみた
0
    OAuthを理解するためにライブラリは使わずにやり取りを
    ざっと実装してみたのでメモ。

    処理の流れは下記。
    動作しているものはここ

    index.htmlから認証を要求するためのrequest.phpへ遷移

    request.phpからサービスプロバイダーのtwitterへ
    リクエストトークンを送り仮のユーザのトークンと
    ユーザの秘密鍵を保持する。

    サービスプロバイダの認証用ページに遷移してユーザに許可を促す

    callback.phpヘ遷移する。

    callback.phpのGET値を取得する。

    twitterからGET値で渡されたトークンと保持してるトークンを比較して
    不正アクセスではないかを確認する。

    twitterからアクセストークンを取得する。

    アクセストークンを表示する。
    続きを読む >>
    | PHP | 12:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    PHPで簡単なテンプレートエンジン作ってみる
    0
      PTTE.class.php(PHP Tiny Template Engine)
      <?php
      class PTTE{

          private function __construct(){}

          public static function
              makeString($templateFileName,$data = array()) {
              ob_start();
              extract($data);
              include $templateFileName;
              $str = ob_get_contents();
              ob_end_clean();
              return $str;
          }
      }


      sample.tmpl
      <html>
      <head><title><?=$title ?></title></head>
      <body>
      <ul>
      <?php foreach($bodies as $body): ?>
        <li><?=$body ?></li>
      <?php endforeach ?>
      </ul>
      </body>
      </html>


      do.php
      <?php
      require_once './PTTE.class.php';

      $bodies = array('test1','test2','test3');
      $data = array('title'=>'テンプレートのテスト','bodies'=>$bodies);

      print (PTTE::makeString('sample.tmpl',$data));
      | PHP | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      PHPの主なエスケープシーケンス
      0
        ¥n 改行LF
        ¥r 復帰CR
        ¥t TAB
        ¥$ ドル記号
        ¥¥ 円記号、バックスラッシュ
        ¥" ダブルクォート
        ¥nn 8進数
        ¥xnn 16進数
        | PHP | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        PHP開発環境なEclipse PDTでPHP5.3系をWin上でデバッグする設定のメモ
        0
          http://www.xdebug.org/download.php
          から xdebug をダウンロード

          今回は 私の環境に合わせて php_xdebug-2.0.5-5.3-vc6.dll を
          ダウンロード。

          php.iniの末尾に

          [xdebug]
          zend_extension="C:¥php¥ext¥php_xdebug-2.0.5-5.3-vc6.dll"
          xdebug.remote_enable=1
          xdebug.remote_handler="dbgp"
          xdebug.remote_mode=req
          xdebug.remote_host="localhost"
          xdebug.remote_port=9000
          xdebug.remote_log="C:¥php¥logs¥xdebug.log"
          xdebug.manual_url=http://jp2.php.net
          xdebug.collect_params = On
          xdebug.dump.GET = *
          xdebug.dump.POST = *

          を追記

          EclipseのWindow→Preference→PHP→Debugで
          PHP DebuggerをXDebugにする。
          | PHP | 19:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |