RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 (JUGEMレビュー »)
橋本 直哉,須江 信洋,前佛 雅人,境川 章一郎,佐藤 聖規,山田 修司,青山 尚暉,市川 豊,平岡 大祐,福田 潔,矢野 哲朗
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

bose999's memo

<< Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第7回 | main | Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第9回 >>
Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第8回
0
    
    第8回はJDKをインストールしていく。Solaris10は
    OSとしてもJavaが各所で使用されているので、
    既にJ2SE5.0がインストールされている。
    
    今回は、OSとは別にJDKをインストールして、開発環境用の
    ソフトウェアのみで使用し、他に影響を与えないように
    JDKのセットアップを行っていく。
    
    また、インストールするJDKは1.4.2系とする。
    
    
    本日時点の最新の1.4.2系のJDKであるJDK1.4.2_10には JISAutoDetectにバグを持っているので、JDK1.4.2_09を 今回は選択する。
    1. SunからJDKをダウンロードする。 自己解凍バイナリファイルの j2sdk-1_4_2_09-solaris-i586.sh をダウンロードする。
    JDK1.4.2_09の場合は下記のURLでダウンロード可能 http://javashoplm.sun.com/ECom/docs/Welcome.jsp?StoreId=22 &PartDetailId=j2sdk-1.4.2_09-oth-JPR &SiteId=JSC&TransactionId=noreg ちなみに、 PartDetailId=j2sdk-1.4.2_09-oth-JPR のj2sdk-1.4.2_xxをxxを変えれば欲しいJDK1.4.2のページに行ける。
    1. su - でrootになる。 2. mkdir /pp/j2sdk とし、 /pp/j2sdk/ を作成する。 3. cd ダウンロードしたパス cp j2sdk-1_4_2_09-solaris-i586.sh /pp/j2sdk/j2sdk-1_4_2_09-solaris-i586.sh として、/pp/j2sdk に自己解凍バイナリファイルを移動する。 4. cd /pp/j2sdk chmod 744 j2sdk-1_4_2_09-solaris-i586.sh ./j2sdk-1_4_2_09-solaris-i586.sh とする。 5. ライセンスが表示されるので、読みながらスペースキーでページめくりする。 6. Do you agree to the above license terms? にyesとする。 ファイルの解凍が始まる。 7. lsをすると j2sdk-1_4_2_09-solaris-i586.sh j2sdk1.4.2_09 と、自己解凍バイナリファイルとは別にフォルダが出来て インストールが完了する。 8. cd j2sdk1.4.2_09/bin ./java -version とすると Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.4.2_09-b05) Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.4.2_09-b05, mixed mode) と表示され、 java -version とすると Java(TM) 2 Runtime Environment, Standard Edition (build 1.5.0_01-b08) Java HotSpot(TM) Client VM (build 1.5.0_01-b08, mixed mode, sharing) と表示されるのを確認する。 以上で、パスが通っている既存環境はJ2SE5.0のままで 別途JDK1.4.2_09のインストールが完了した。
    | プログラム開発関連 | 19:05 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://bose.techie.jp/trackback/217196