RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 (JUGEMレビュー »)
橋本 直哉,須江 信洋,前佛 雅人,境川 章一郎,佐藤 聖規,山田 修司,青山 尚暉,市川 豊,平岡 大祐,福田 潔,矢野 哲朗
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

bose999's memo

<< Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第8回 | main | Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第10回 >>
Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第9回
0
    
    第9回は、Tomcat5.5.12を前回インストールしたJDK1.4.2_09で
    稼動するようにセットアップをしていく。
    
    1.
    http://tomcat.apache.org/index.htmlから、
    CoreとJDK 1.4 Compatability Packageをダウンロードする。
    今回は、JDK1.4.2_09で動かすのでJDK 1.4 Compatability Packageが
    必要になる。
    
    Tomcat5.5.xは通常版はJ2SE5系なので気を付けること。
    JDKがJ2SE5系を使っているなら、Coreだけをダウンロードする。
    
    apache-tomcat-5.5.12.zip
    apache-tomcat-5.5.12-compat.zip
    
    
    tar.gzのファイルをダウンロードしてセットアップしたら、 localhost.2005-12-03.logに 致命的: フィルタ Compression Filter の起動中の例外です java.lang.ClassNotFoundException: compressionFilters.CompressionFilter 致命的: フィルタ Set Character Encoding の起動中の例外です java.lang.ClassNotFoundException: filters.SetCharacterEncodingFilter が出力された。zipの方のファイルでセットアップしなおすと この例外が出ないので今回はzipからの記述とした。
    2. su - でrootになり mkdir /pp/tomcat cd ダウンロードしたパス cp ./apache-tomcat-5.5.12.zip /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12.zip cp ./apache-tomcat-5.5.12-compat.zip /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12-compat.zip cd /pp とする。 3. chown tomcat:tomcat /pp/tomcat chown tomcat:tomcat /pp/tomcat/* とする。 4. tomcatユーザでログインする。 5. cd /pp/tomcat unzip apache-tomcat-5.5.12.zip とし、 unzip apache-tomcat-5.5.12-compat.zip とすると、上書きを聞かれるのでyで上書きする。 apache-tomcat-5.5.12 フォルダが出来あがる。 6. cd /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12/bin chmod 744 *.sh とした後、 catalina.sh の下記のサンプルのように JAVA_HOME="/pp/j2sdk/j2sdk1.4.2_09" を追加して保存する。 他に設定したいものがあれば次の行以下に追加する。 例: JAVA_OPTS="-Xms128m -Xmx128m"
    javaコマンドオプションについて知りたい方は JAVAコマンドを知る がよくまとまった記事になるので一読を。
    #!/bin/sh # ----------------------------------------------------------------------------- # Start/Stop Script for the CATALINA Server # # Environment Variable Prequisites # # CATALINA_HOME May point at your Catalina "build" directory. # # CATALINA_BASE (Optional) Base directory for resolving dynamic portions # of a Catalina installation. If not present, resolves to # the same directory that CATALINA_HOME points to. # # CATALINA_OPTS (Optional) Java runtime options used when the "start", # "stop", or "run" command is executed. # # CATALINA_TMPDIR (Optional) Directory path location of temporary directory # the JVM should use (java.io.tmpdir). Defaults to # $CATALINA_BASE/temp. # # JAVA_HOME Must point at your Java Development Kit installation. # Required to run the with the "debug" or "javac" argument. # # JRE_HOME Must point at your Java Development Kit installation. # Defaults to JAVA_HOME if empty. # # JAVA_OPTS (Optional) Java runtime options used when the "start", # "stop", or "run" command is executed. # # JPDA_TRANSPORT (Optional) JPDA transport used when the "jpda start" # command is executed. The default is "dt_socket". # # JPDA_ADDRESS (Optional) Java runtime options used when the "jpda start" # command is executed. The default is 8000. # # JSSE_HOME (Optional) May point at your Java Secure Sockets Extension # (JSSE) installation, whose JAR files will be added to the # system class path used to start Tomcat. # # CATALINA_PID (Optional) Path of the file which should contains the pid # of catalina startup java process, when start (fork) is used # # $Id: catalina.sh,v 1.20 2005/04/28 12:32:05 remm Exp $ # ----------------------------------------------------------------------------- JAVA_HOME="/pp/j2sdk/j2sdk1.4.2_09" JAVA_OPTS="-Xms128m -Xmx128m" # OS specific support. $var _must_ be set to either true or false.
    7. ./startup.sh を実行すると下記が表示されてj2sdk1.4.2_09で起動している事が確認できる。 Using CATALINA_BASE: /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12 Using CATALINA_HOME: /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12 Using CATALINA_TMPDIR: /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12/temp Using JRE_HOME: /pp/j2sdk/j2sdk1.4.2_09 8. http://サーバのIPアドレス:8080/ を開き、Tomcatが動いていることを確認する。 Tomcat5512初期画面 以上で、tomcatユーザでログインして /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12/bin/startup.sh /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12/bin/shutdown.sh 上記のコマンドでTomcatの起動停止が可能になった。
    | プログラム開発関連 | 20:22 | - | trackbacks(1) | - | - |
    http://bose.techie.jp/trackback/217236
    Tomcatバグ
    致命的: フィルタ Compression Filter の起動中の例外です java.lang.ClassNotFoundException: compressionFilters.CompressionFilter 致命的: フィルタ Set Character Encoding の起動中の例外です java.lang.ClassN
    | IT的日記 | 2006/10/08 2:41 PM |