RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

bose999's memo

<< Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第8回 | main | Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第10回 >>
Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第9回
0
    
    第9回は、Tomcat5.5.12を前回インストールしたJDK1.4.2_09で
    稼動するようにセットアップをしていく。
    
    1.
    http://tomcat.apache.org/index.htmlから、
    CoreとJDK 1.4 Compatability Packageをダウンロードする。
    今回は、JDK1.4.2_09で動かすのでJDK 1.4 Compatability Packageが
    必要になる。
    
    Tomcat5.5.xは通常版はJ2SE5系なので気を付けること。
    JDKがJ2SE5系を使っているなら、Coreだけをダウンロードする。
    
    apache-tomcat-5.5.12.zip
    apache-tomcat-5.5.12-compat.zip
    
    
    tar.gzのファイルをダウンロードしてセットアップしたら、 localhost.2005-12-03.logに 致命的: フィルタ Compression Filter の起動中の例外です java.lang.ClassNotFoundException: compressionFilters.CompressionFilter 致命的: フィルタ Set Character Encoding の起動中の例外です java.lang.ClassNotFoundException: filters.SetCharacterEncodingFilter が出力された。zipの方のファイルでセットアップしなおすと この例外が出ないので今回はzipからの記述とした。
    2. su - でrootになり mkdir /pp/tomcat cd ダウンロードしたパス cp ./apache-tomcat-5.5.12.zip /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12.zip cp ./apache-tomcat-5.5.12-compat.zip /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12-compat.zip cd /pp とする。 3. chown tomcat:tomcat /pp/tomcat chown tomcat:tomcat /pp/tomcat/* とする。 4. tomcatユーザでログインする。 5. cd /pp/tomcat unzip apache-tomcat-5.5.12.zip とし、 unzip apache-tomcat-5.5.12-compat.zip とすると、上書きを聞かれるのでyで上書きする。 apache-tomcat-5.5.12 フォルダが出来あがる。 6. cd /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12/bin chmod 744 *.sh とした後、 catalina.sh の下記のサンプルのように JAVA_HOME="/pp/j2sdk/j2sdk1.4.2_09" を追加して保存する。 他に設定したいものがあれば次の行以下に追加する。 例: JAVA_OPTS="-Xms128m -Xmx128m"
    javaコマンドオプションについて知りたい方は JAVAコマンドを知る がよくまとまった記事になるので一読を。
    #!/bin/sh # ----------------------------------------------------------------------------- # Start/Stop Script for the CATALINA Server # # Environment Variable Prequisites # # CATALINA_HOME May point at your Catalina "build" directory. # # CATALINA_BASE (Optional) Base directory for resolving dynamic portions # of a Catalina installation. If not present, resolves to # the same directory that CATALINA_HOME points to. # # CATALINA_OPTS (Optional) Java runtime options used when the "start", # "stop", or "run" command is executed. # # CATALINA_TMPDIR (Optional) Directory path location of temporary directory # the JVM should use (java.io.tmpdir). Defaults to # $CATALINA_BASE/temp. # # JAVA_HOME Must point at your Java Development Kit installation. # Required to run the with the "debug" or "javac" argument. # # JRE_HOME Must point at your Java Development Kit installation. # Defaults to JAVA_HOME if empty. # # JAVA_OPTS (Optional) Java runtime options used when the "start", # "stop", or "run" command is executed. # # JPDA_TRANSPORT (Optional) JPDA transport used when the "jpda start" # command is executed. The default is "dt_socket". # # JPDA_ADDRESS (Optional) Java runtime options used when the "jpda start" # command is executed. The default is 8000. # # JSSE_HOME (Optional) May point at your Java Secure Sockets Extension # (JSSE) installation, whose JAR files will be added to the # system class path used to start Tomcat. # # CATALINA_PID (Optional) Path of the file which should contains the pid # of catalina startup java process, when start (fork) is used # # $Id: catalina.sh,v 1.20 2005/04/28 12:32:05 remm Exp $ # ----------------------------------------------------------------------------- JAVA_HOME="/pp/j2sdk/j2sdk1.4.2_09" JAVA_OPTS="-Xms128m -Xmx128m" # OS specific support. $var _must_ be set to either true or false.
    7. ./startup.sh を実行すると下記が表示されてj2sdk1.4.2_09で起動している事が確認できる。 Using CATALINA_BASE: /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12 Using CATALINA_HOME: /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12 Using CATALINA_TMPDIR: /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12/temp Using JRE_HOME: /pp/j2sdk/j2sdk1.4.2_09 8. http://サーバのIPアドレス:8080/ を開き、Tomcatが動いていることを確認する。 Tomcat5512初期画面 以上で、tomcatユーザでログインして /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12/bin/startup.sh /pp/tomcat/apache-tomcat-5.5.12/bin/shutdown.sh 上記のコマンドでTomcatの起動停止が可能になった。
    | プログラム開発関連 | 20:22 | - | trackbacks(1) | - | - |
    http://bose.techie.jp/trackback/217236
    Tomcatバグ
    致命的: フィルタ Compression Filter の起動中の例外です java.lang.ClassNotFoundException: compressionFilters.CompressionFilter 致命的: フィルタ Set Character Encoding の起動中の例外です java.lang.ClassN
    | IT的日記 | 2006/10/08 2:41 PM |