RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 (JUGEMレビュー »)
橋本 直哉,須江 信洋,前佛 雅人,境川 章一郎,佐藤 聖規,山田 修司,青山 尚暉,市川 豊,平岡 大祐,福田 潔,矢野 哲朗
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

bose999's memo

<< Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第9回 | main | Intel Solaris10上に OSS+α で作る開発支援環境 第1回 >>
Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第10回
0
    
    第10回はjk2のインストールとセットアップをまとめる。
    
    jk2のインストールはIntel Solaris用のバイナリが
    提供されていないので、コンパイルして作成しなければならない。
    
    しかし、jk2のコンパイルはApache2のコンパイルと同じ環境で
    コンパイルしないとconfigureでエラーが出る。そうなるとSunが
    デフォルトで提供している環境がわからなかったので
    コンパイルが不可能だった。
    
    そこで、思い切って設定した既存インストールのapache2を
    使わずにBlastwaveから、apache2とmod_jk2をダウンロードして
    パッケージをインストールして使用できるようにする。
    
    1.
    Blastwave
    http://www.blastwave.org/
    をブラウザで開き、左のMirrorsをクリックして
    ミラーサイトの一覧を確認する。
    
    今回は、下記のサイトからダウンロードすることにした。
    
    ftp://ftp.ibiblio.org/pub/packages/solaris/csw/unstable/i386/5.10/
    
    2.
    下記のファイルをダウンロードする。
    berkeleydb43-4.3.27,REV=2005.10.03-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    berkeleydb4-4.2.52,REV=2005.04.28_rev=p4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    berkeleydb3-3.3.11-i386-CSW.pkg.gz
    gdbm-1.8.3-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    libnet-1.0.2,REV=2004.04.08_rev=a-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    sasl-2.1.21,REV=2005.09.07-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    openldap_rt-2.1.30,REV=2005.09.27-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    gsed-4.1.4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    perl-5.8.7,REV=2005.11.08-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    apache2rt-2.0.55,REV=2005.10.31-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    apache2c-2.0.55,REV=2005.11.30-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    ap2_prefork-2.0.55,REV=2005.10.31-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    apache2-2.0.55,REV=2005.11.29-SunOS5.8-all-CSW.pkg.gz
    ap2_mod_jk2-2.0.4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    
    3.
    su -
    でrootになる。
    
    4.
    gunzip ファイル名
    で、ファイルを解凍する。
    
    5.
    pkgadd -d berkeleydb43-4.3.27,REV=2005.10.03-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d berkeleydb4-4.2.52,REV=2005.04.28_rev=p4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d berkeleydb3-3.3.11-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d gdbm-1.8.3-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d libnet-1.0.2,REV=2004.04.08_rev=a-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d sasl-2.1.21,REV=2005.09.07-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d openldap_rt-2.1.30,REV=2005.09.27-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d gsed-4.1.4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d perl-5.8.7,REV=2005.11.08-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d apache2rt-2.0.55,REV=2005.10.31-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d apache2c-2.0.55,REV=2005.11.30-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d ap2_prefork-2.0.55,REV=2005.10.31-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d apache2-2.0.55,REV=2005.11.29-SunOS5.8-all-CSW.pkg
    pkgadd -d ap2_mod_jk2-2.0.4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    
    として、インストール。
    
    6.
    /opt/csw/apache2/etc/workers2.properties
    を編集して、下記の行を追加する。
    [uri:/jsp-examples/*]
    worker=ajp13:localhost:8009
    
    7.
    tomcatユーザでtomcatを再起動する。
    
    8.
    rootユーザで
    /opt/csw/apache2/sbin/apachectl start
    を実行する。
    
    9.
    ブラウザで
    http://サーバのIP/jsp-examples/
    を開く。
    
    8080ポートではなく80ポートでTomcatに
    接続が可能になった。
    
    10.
    rootユーザで
    /opt/csw/apache2/sbin/apachectl stop
    を実行する。
    
    11.
    /var/svc/manifest/network/http-apache2.xml
    /lib/svc/method/http-apache2
    の二つのファイルをコピーして
    /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    /lib/svc/method/http-apache2csw
    を作成する。
    
    12.
    /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    /lib/svc/method/http-apache2csw
    を編集して下記のように内容を書き換える。
    
    13.
    chmod 555 /lib/svc/method/http-apache2csw
    chown root:bin /lib/svc/method/http-apache2csw
    chmod 444 /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    chown root:bin /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    として、ファイルの権限を他の設定ファイルと同等にする。
    
    14.
    svccfg import /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    として、apache2cswという名前でSMFに登録する。
    
    15.
    svcs -l apache2csw
    とすると、下記のように表示されてSMFに登録が確認できる。
    
    
    fmri         svc:/network/http:apache2csw
    name         Apache 2 HTTP server(csw)
    有効         false
    状態         disabled
    next_state   none
    state_time   2005年12月04日 (日) 14時32分38秒
    リスタータ   svc:/system/svc/restarter:default
    dependency   require_all/error svc:/network/loopback:default (online)
    dependency   optional_all/error svc:/network/physical:default (online)
    
    
    16.
    svcadm disable apache2
    として、既存のapache2を起動しないようにする。
    
    
    17.
    mkdir /opt/csw/apache2/etc/ssl.crt
    mkdir /opt/csw/apache2/etc/ssl.key
    cp /etc/apache2/ssl.crt/* /opt/csw/apache2/etc/ssl.crt
    cp /etc/apache2/ssl.key/* /opt/csw/apache2/etc/ssl.key
    として、以前に作ったssl関連のファイルをコピーする。
    
    ※SSLのファイルは作り直しても良い。
    
    18.
    svccfg
    を実行して
    
    svc:> select apache2csw
    svc:/network/http:apache2csw> editprop
    
    とするとviで設定を開く状態になる。
    下記の行から#を外し、falseをtrueにして
    
    # setprop httpd/ssl = boolean: (false)
    
    下記の行の状態にして保存する。
    setprop httpd/ssl = boolean: (true)
    
    viで保存すると
    svc:/network/http:apache2csw>
    上記の状態になるので quit と入力してeditpropを終了する。
    
    19.
    svcadm refresh apache2csw
    として、設定を反映させる。
    
    20.
    svcadm enable apache2csw
    として、デーモンを起動する。
    
    21.
    ブラウザで
    http://サーバのIP/
    http://サーバのIP/jsp-examples/
    https://サーバのIP/
    https://サーバのIP/jsp-examples/
    を開く。
    ApacheのTOPページとTomcatのサンプルページが開く。
    
    これで、jk2の設定と追加したApache2のSMFの登録が完了した。
    
    
    という事で、jk2、apache2とPostgreSQL8.1.0がBlastwaveからの
    パッケージによるインストールになったが、Java開発環境が
    Intel Solaris10に構築が完了した。
    
    本連載は、今回を持って終了とする。
    
    
    【http-apache2csw.xml】 < ?xml version="1.0"?> < !DOCTYPE service_bundle SYSTEM "/usr/share/lib/xml/dtd/service_bundle.dtd.1"> < !-- Copyright 2004 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved. Use is subject to license terms. ident "@(#)http-apache2.xml 1.2 04/11/11 SMI" --> < service_bundle type='manifest' name='SUNWapch2r:apache'> < service name='network/http' type='service' version='1'> < !-- Because we may have multiple instances of network/http provided by different implementations, we keep dependencies and methods within the instance. --> < instance name='apache2csw' enabled='false'> < dependency name='loopback' grouping='require_all' restart_on='error' type='service'> < service_fmri value='svc:/network/loopback:default'/> < /dependency> < dependency name='physical' grouping='optional_all' restart_on='error' type='service'> < service_fmri value='svc:/network/physical:default'/> < /dependency> < exec_method type='method' name='start' exec='/lib/svc/method/http-apache2csw start' timeout_seconds='60' /> < exec_method type='method' name='stop' exec='/lib/svc/method/http-apache2csw stop' timeout_seconds='60' /> < exec_method type='method' name='refresh' exec='/lib/svc/method/http-apache2csw refresh' timeout_seconds='60' /> < property_group name='httpd' type='application'> < stability value='Evolving' /> < propval name='ssl' type='boolean' value='false' /> < /property_group> < property_group name='startd' type='framework'> < !-- sub-process core dumps shouldn't restart session --> < propval name='ignore_error' type='astring' value='core,signal' /> < /property_group> < /instance> < stability value='Evolving' /> < template> < common_name> < loctext xml:lang='C'> Apache 2 HTTP server(csw) < /loctext> < /common_name> < documentation> < manpage title='apache2csw' section='1M' /> < doc_link name='apache.org' uri='http://httpd.apache.org' /> < /documentation> < /template> < /service> < /service_bundle>
    【http-apache2csw】 #!/sbin/sh # # Copyright 2004 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved. # Use is subject to license terms. # # ident "@(#)http-apache2 1.2 04/11/11 SMI" # . /lib/svc/share/smf_include.sh APACHE_HOME=/opt/csw/apache2 CONF_FILE=/opt/csw/apache2/etc case "$1" in start) ssl=`svcprop -p httpd/ssl svc:/network/http:apache2csw` if [ "$ssl" = false ]; then cmd="start" else cmd="startssl" fi ;; refresh) cmd="graceful" ;; stop) cmd="stop" ;; *) echo "Usage: $0 {start|stop|refresh}" exit 1 ;; esac exec ${APACHE_HOME}/sbin/apachectl $cmd 2>&1
    Blastwave http://www.blastwave.org/ は、Sunfreeware.comよりメジャーではないが、 Sunfreeware.comよりバージョンが新しかったり 登録されているパッケージの量が多い魅了的なサイト。
    | プログラム開発関連 | 15:07 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://bose.techie.jp/trackback/217965