RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

02
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
--
>>
<<
--

bose999's memo

<< Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第9回 | main | Intel Solaris10上に OSS+α で作る開発支援環境 第1回 >>
Intel Solaris10で作るJava開発サーバ環境 第10回
0
    
    第10回はjk2のインストールとセットアップをまとめる。
    
    jk2のインストールはIntel Solaris用のバイナリが
    提供されていないので、コンパイルして作成しなければならない。
    
    しかし、jk2のコンパイルはApache2のコンパイルと同じ環境で
    コンパイルしないとconfigureでエラーが出る。そうなるとSunが
    デフォルトで提供している環境がわからなかったので
    コンパイルが不可能だった。
    
    そこで、思い切って設定した既存インストールのapache2を
    使わずにBlastwaveから、apache2とmod_jk2をダウンロードして
    パッケージをインストールして使用できるようにする。
    
    1.
    Blastwave
    http://www.blastwave.org/
    をブラウザで開き、左のMirrorsをクリックして
    ミラーサイトの一覧を確認する。
    
    今回は、下記のサイトからダウンロードすることにした。
    
    ftp://ftp.ibiblio.org/pub/packages/solaris/csw/unstable/i386/5.10/
    
    2.
    下記のファイルをダウンロードする。
    berkeleydb43-4.3.27,REV=2005.10.03-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    berkeleydb4-4.2.52,REV=2005.04.28_rev=p4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    berkeleydb3-3.3.11-i386-CSW.pkg.gz
    gdbm-1.8.3-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    libnet-1.0.2,REV=2004.04.08_rev=a-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    sasl-2.1.21,REV=2005.09.07-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    openldap_rt-2.1.30,REV=2005.09.27-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    gsed-4.1.4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    perl-5.8.7,REV=2005.11.08-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    apache2rt-2.0.55,REV=2005.10.31-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    apache2c-2.0.55,REV=2005.11.30-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    ap2_prefork-2.0.55,REV=2005.10.31-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    apache2-2.0.55,REV=2005.11.29-SunOS5.8-all-CSW.pkg.gz
    ap2_mod_jk2-2.0.4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg.gz
    
    3.
    su -
    でrootになる。
    
    4.
    gunzip ファイル名
    で、ファイルを解凍する。
    
    5.
    pkgadd -d berkeleydb43-4.3.27,REV=2005.10.03-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d berkeleydb4-4.2.52,REV=2005.04.28_rev=p4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d berkeleydb3-3.3.11-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d gdbm-1.8.3-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d libnet-1.0.2,REV=2004.04.08_rev=a-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d sasl-2.1.21,REV=2005.09.07-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d openldap_rt-2.1.30,REV=2005.09.27-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d gsed-4.1.4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d perl-5.8.7,REV=2005.11.08-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d apache2rt-2.0.55,REV=2005.10.31-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d apache2c-2.0.55,REV=2005.11.30-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d ap2_prefork-2.0.55,REV=2005.10.31-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    pkgadd -d apache2-2.0.55,REV=2005.11.29-SunOS5.8-all-CSW.pkg
    pkgadd -d ap2_mod_jk2-2.0.4-SunOS5.8-i386-CSW.pkg
    
    として、インストール。
    
    6.
    /opt/csw/apache2/etc/workers2.properties
    を編集して、下記の行を追加する。
    [uri:/jsp-examples/*]
    worker=ajp13:localhost:8009
    
    7.
    tomcatユーザでtomcatを再起動する。
    
    8.
    rootユーザで
    /opt/csw/apache2/sbin/apachectl start
    を実行する。
    
    9.
    ブラウザで
    http://サーバのIP/jsp-examples/
    を開く。
    
    8080ポートではなく80ポートでTomcatに
    接続が可能になった。
    
    10.
    rootユーザで
    /opt/csw/apache2/sbin/apachectl stop
    を実行する。
    
    11.
    /var/svc/manifest/network/http-apache2.xml
    /lib/svc/method/http-apache2
    の二つのファイルをコピーして
    /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    /lib/svc/method/http-apache2csw
    を作成する。
    
    12.
    /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    /lib/svc/method/http-apache2csw
    を編集して下記のように内容を書き換える。
    
    13.
    chmod 555 /lib/svc/method/http-apache2csw
    chown root:bin /lib/svc/method/http-apache2csw
    chmod 444 /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    chown root:bin /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    として、ファイルの権限を他の設定ファイルと同等にする。
    
    14.
    svccfg import /var/svc/manifest/network/http-apache2csw.xml
    として、apache2cswという名前でSMFに登録する。
    
    15.
    svcs -l apache2csw
    とすると、下記のように表示されてSMFに登録が確認できる。
    
    
    fmri         svc:/network/http:apache2csw
    name         Apache 2 HTTP server(csw)
    有効         false
    状態         disabled
    next_state   none
    state_time   2005年12月04日 (日) 14時32分38秒
    リスタータ   svc:/system/svc/restarter:default
    dependency   require_all/error svc:/network/loopback:default (online)
    dependency   optional_all/error svc:/network/physical:default (online)
    
    
    16.
    svcadm disable apache2
    として、既存のapache2を起動しないようにする。
    
    
    17.
    mkdir /opt/csw/apache2/etc/ssl.crt
    mkdir /opt/csw/apache2/etc/ssl.key
    cp /etc/apache2/ssl.crt/* /opt/csw/apache2/etc/ssl.crt
    cp /etc/apache2/ssl.key/* /opt/csw/apache2/etc/ssl.key
    として、以前に作ったssl関連のファイルをコピーする。
    
    ※SSLのファイルは作り直しても良い。
    
    18.
    svccfg
    を実行して
    
    svc:> select apache2csw
    svc:/network/http:apache2csw> editprop
    
    とするとviで設定を開く状態になる。
    下記の行から#を外し、falseをtrueにして
    
    # setprop httpd/ssl = boolean: (false)
    
    下記の行の状態にして保存する。
    setprop httpd/ssl = boolean: (true)
    
    viで保存すると
    svc:/network/http:apache2csw>
    上記の状態になるので quit と入力してeditpropを終了する。
    
    19.
    svcadm refresh apache2csw
    として、設定を反映させる。
    
    20.
    svcadm enable apache2csw
    として、デーモンを起動する。
    
    21.
    ブラウザで
    http://サーバのIP/
    http://サーバのIP/jsp-examples/
    https://サーバのIP/
    https://サーバのIP/jsp-examples/
    を開く。
    ApacheのTOPページとTomcatのサンプルページが開く。
    
    これで、jk2の設定と追加したApache2のSMFの登録が完了した。
    
    
    という事で、jk2、apache2とPostgreSQL8.1.0がBlastwaveからの
    パッケージによるインストールになったが、Java開発環境が
    Intel Solaris10に構築が完了した。
    
    本連載は、今回を持って終了とする。
    
    
    【http-apache2csw.xml】 < ?xml version="1.0"?> < !DOCTYPE service_bundle SYSTEM "/usr/share/lib/xml/dtd/service_bundle.dtd.1"> < !-- Copyright 2004 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved. Use is subject to license terms. ident "@(#)http-apache2.xml 1.2 04/11/11 SMI" --> < service_bundle type='manifest' name='SUNWapch2r:apache'> < service name='network/http' type='service' version='1'> < !-- Because we may have multiple instances of network/http provided by different implementations, we keep dependencies and methods within the instance. --> < instance name='apache2csw' enabled='false'> < dependency name='loopback' grouping='require_all' restart_on='error' type='service'> < service_fmri value='svc:/network/loopback:default'/> < /dependency> < dependency name='physical' grouping='optional_all' restart_on='error' type='service'> < service_fmri value='svc:/network/physical:default'/> < /dependency> < exec_method type='method' name='start' exec='/lib/svc/method/http-apache2csw start' timeout_seconds='60' /> < exec_method type='method' name='stop' exec='/lib/svc/method/http-apache2csw stop' timeout_seconds='60' /> < exec_method type='method' name='refresh' exec='/lib/svc/method/http-apache2csw refresh' timeout_seconds='60' /> < property_group name='httpd' type='application'> < stability value='Evolving' /> < propval name='ssl' type='boolean' value='false' /> < /property_group> < property_group name='startd' type='framework'> < !-- sub-process core dumps shouldn't restart session --> < propval name='ignore_error' type='astring' value='core,signal' /> < /property_group> < /instance> < stability value='Evolving' /> < template> < common_name> < loctext xml:lang='C'> Apache 2 HTTP server(csw) < /loctext> < /common_name> < documentation> < manpage title='apache2csw' section='1M' /> < doc_link name='apache.org' uri='http://httpd.apache.org' /> < /documentation> < /template> < /service> < /service_bundle>
    【http-apache2csw】 #!/sbin/sh # # Copyright 2004 Sun Microsystems, Inc. All rights reserved. # Use is subject to license terms. # # ident "@(#)http-apache2 1.2 04/11/11 SMI" # . /lib/svc/share/smf_include.sh APACHE_HOME=/opt/csw/apache2 CONF_FILE=/opt/csw/apache2/etc case "$1" in start) ssl=`svcprop -p httpd/ssl svc:/network/http:apache2csw` if [ "$ssl" = false ]; then cmd="start" else cmd="startssl" fi ;; refresh) cmd="graceful" ;; stop) cmd="stop" ;; *) echo "Usage: $0 {start|stop|refresh}" exit 1 ;; esac exec ${APACHE_HOME}/sbin/apachectl $cmd 2>&1
    Blastwave http://www.blastwave.org/ は、Sunfreeware.comよりメジャーではないが、 Sunfreeware.comよりバージョンが新しかったり 登録されているパッケージの量が多い魅了的なサイト。
    | プログラム開発関連 | 15:07 | - | trackbacks(0) | - | - |
    http://bose.techie.jp/trackback/217965