RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

bose999's memo

<< 子供が寝た後で。。。 | main | 俺、参上! >>
BLI Validate Framework 仕様変更
0
    製造チームからフィードバックを頂いてBLI Validate Frameworkを
    本日、私の方で仕様変更。
    
    #コメントをきちんと入れたり等まではちょっとしてません。。。
    #まだリファクタの余地もあります。。。
    
    Validateがわかり易くなったのと利便性があがった。
    commonsのvalidatorとかよりも簡単にあまり考えずに
    実装ができる事を目指しているので。いい改善かなと。
    まだまだ改善が必要ですが。
    
    ・エラーメッセージフォーマットに変数を入れて
     エラーコードとエラーメッセージの置換を可能にした。
    
    
    confingのプロパティファイルに値を記述するだけでOK。
    ・エラーメッセージに変数を可変で設定可能にし、  エラーメッセージをプログラムで動的に変更可能とした。
    メッセージプロパティファイルのメッセージに{数字}という 書式で変数を埋め込み、Validateをコールする際に 新規に追加されたList errorMesSetListという引数の Listに値をセットすればListの順番でエラーメッセージの 変数がListのStringに置換される。
    ・チェックする変数のオブジェクトが無い場合、  フレームワーク側が用意しなくてもAbstractValidateObjectを  継承してチェッククラスを作成すれば独自拡張を可能とした。
    Mapに型名と作成したクラスをセットしたものをDIで ValidateCtrlのvalidateObjMapにInjectionすれば Validateを行える。
    ・エラーコードとエラーメッセージを1対1に変更。  エラーメッセージからフィールドドリブンを排除。
    メッセージプロパティファイルはエラーコードがKeyで 本文が値。confingのプロパティファイルにエラー時の エラーコードを記載。 DBから取得する際はGetMessageDBを実装したクラスの String getErrorMes( String errorCode );という メソッドを実装し、メッセージプロパティファイルを nullで実行する。エラーコード取得のメソッドは廃止。
    ・AbstractValidateObject継承クラスのValidateメソッドを  オブジェクトの継承関係で有効になるように変更。
    AbstractValidateObjectでObjectとしてnullチェック ValidateNumberで数字として汎用的なチェック ValidateIntegerでIntegerとして汎用的なチェック のように実装し、Integerのクラスでvalidateがコールされても 上位のオブジェクトに実装されたチェック処理が行われるように実装。 継承先は継承先のValidateを実行可能。
    ・Validate処理をNULLチェック以降を設定で有効になっているものを  すべてチェックするか、エラーが発生したら、そのオブジェクトの  チェックをやめるか設定を可能とした。
    confingのプロパティファイルにdoTypeという設定項目を 追加してtrueならすべてチェック、falseなら禁則処理をパス。
    #今日は早めに寝よ。。。
    | BLI Framework | 20:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://bose.techie.jp/trackback/511588