RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 (JUGEMレビュー »)
橋本 直哉,須江 信洋,前佛 雅人,境川 章一郎,佐藤 聖規,山田 修司,青山 尚暉,市川 豊,平岡 大祐,福田 潔,矢野 哲朗
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

bose999's memo

<< 俺、参上! | main | PJメンバーとしての更新権限ありのソースのチェックアウト方法 >>
SourceForge.JPへのSSH2キーの登録方法(Linux使います)
0
    BLI Frameworkへ参戦するメンバーが増えてきたので
    SourceForge.JPを使用するマニュアルを作っときます。
    
    まず、SSH2キーの作り方と登録の仕方
    
    1.SourceForge.JPにアカウントを登録します。
    
    2.SourceForge.JPのPJに参加します。
    
    3.Linuxマシンにログインして、下記のようなコマンドを
      実際には1行で入力して実行します。
    
    ssh-keygen -t rsa -f /home/XXX/temp/identity
    -C アカウント名@users.sourceforge.jp
    
    4.パスフレーズを聞いてきますので、
      パスフレーズ(SourceForgeのパスワード)を入力します。
    
    Generating public/private rsa key pair.
    Enter passphrase (empty for no passphrase): ********
    Enter same passphrase again: ********
    
    5./home/XXX/temp上のファイルidentity,identity.pubを
      WindowsマシンからWinSCP等でローカルに保存して
      Linuxマシンからは消します。
    
    6.SourceForge.JPにログインして、アカウント管理を開きます。
    
    7.CVS/SVN/SSHで共有する公開鍵: 1 [鍵の編集]という下の方にある行の
      [鍵の編集]をクリックします。
    
    8.identity.pubファイルの内容をそのままTEXTAREAにコピーペーストします。
    
    9.更新ボタンを押します。
    
    以上でしばらくするとSourceForge.JPの自分のアカウントにSSH2の
    公開鍵が登録されます。
    
    そして、しばらくすると、identityファイルを使って
    UTF-8 TeraTerm Pro等でshell.sourceforge.jpに
    ログインできるようになります。
    
    | BLI Framework | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://bose.techie.jp/trackback/513561