RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤
コンテナ・ベース・オーケストレーション Docker/Kubernetesで作るクラウド時代のシステム基盤 (JUGEMレビュー »)
橋本 直哉,須江 信洋,前佛 雅人,境川 章一郎,佐藤 聖規,山田 修司,青山 尚暉,市川 豊,平岡 大祐,福田 潔,矢野 哲朗
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

bose999's memo

なぜ作りかけのBLI Frameworkを公開したのか?
0
    中途半端感があるBLI Frameworkですが、なぜ公開したのでしょうか?
    
    ・とりあえず興味を持ってる人に試して欲しかった。
    ・興味を持ってる人から意見が欲しかった。
    ・開発のリポジトリをSourceForgeに移行したかった。
    
    ってな感じなのですが、ありがたい事に何名か興味を持った人から
    このブログの「SEND MAIL FOR ME」からメッセージを頂いたり、
    メールを頂きました。
    
    まだまだわかりにくい、できの悪い状態ですが、一歩踏み出せたかなと。
    
    このソースでの実践投入も平行して私の部署の業務で進んでますので
    フィードバックや改善も色々と出てくるかなと思います。
    
    ・MVCのMのデータ層の手前までをフレームワーク化する。
    ・Unitテスト方法をフレームワーク化する。
    
    という地味なものですが、がんばって更新していきたいと思います。
    とりあえず、コミッタに何名か参加予定です。
    
    ドキュメントの整備、品質の向上、動くサンプル作成
    (現在はテストを試すためのサンプルになってしまっている。)、
    次期機能追加(某Ajax Frameworkへの融合)等を進めていきたいと
    思います。
    
    | BLI Framework | 07:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    BLIのSampleのTestSuiteを実行する
    0
      BLIではdjUnit0.8.1を使用させて頂いております。
      
      下記のURLからdjUnit0.8.1をダウンロードして
      Eclipse3.2.1にセットアップしておいてください。
      
      http://works.dgic.co.jp/djwiki/Viewpage.do?pid=@646A556E6974
      
      1.SampleのProjectをSourceForgeから引き取ります。
      
      2.hsqldbを起動します。(DaoのDBUnitによるテスト等で使用します。)
       (私はMobster Utility Plugin 1.0.2を利用させてもらって
        Eclipseから下図のように直接実行させてます。
        Mobster Utility Plugin 1.0.2は下記からダウンロード可能です。
        http://d.hatena.ne.jp/agt/20040715
      
      
      3.Sample Projectの直下にcoveregeというフォルダを作成します。
       (jcoveregeのワークファイルが上記フォルダにできます。)
      
      
      4.TestSuiteをdjUnitで実行します。
      
      
      
      
      | BLI Framework | 20:23 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      BLI関連のSourceForgeからの読取権限での引き取り方
      0
        BLIの開発PJをローカルのEclipseに引き取る方法を書きます。
        
        このやり方はあくまで読み取り権限で誰でも引き取れるやり方になります。
        開発メンバーに加わりますと、別の設定でCommitできるようになります。
        
        BLIはEclipse3.2.1とJDK5.0Update11で作成しています。
        
        本手順はWindowsXPにJDK5.0がセットアップされ、
        Eclipse3.2.1にSubversionのPlug-InのSubversiveを入れた状態に
        なっているのを前提に記述します。
        
        1.ファイル→新規→プロジェクトと進みます。
        
        
        2.出てきたウィンドウのSVN→Projects from SVNを選択して「次へ」を
        押下します。
        
        
        3.またウィンドウが切り替わりますので、下記の画像の赤枠の部分に
        http://svn.sourceforge.jp/svnroot/bli-pj/BLIFramework/
        と入力して、「次へ」を押下します。
        
        
        4.Eclipseに追加したいProjectを選択して、「終了」を押下します。
        (青枠が開発中のソース。赤枠がリリースしたソースになります。
         本マニュアルではFrameworkのPilot-Release0.1を選択します。)
        
        
        5.下記のような画面がでますので、「次へ」を押下します。
        
        
        6.下記のような画面がでますので、「終了」を押下します。
        
        
        7.Check Outが進みます。
        
        
        8.Check Outが完了します。
        
        
        
        | BLI Framework | 20:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        BLI Framework Pilot 0.1 リリース
        0
          SpringとSturtsを使用したBLIの実装であるBLI Frameworkを
          Pilot Release 0.1として公開しました。
          
          ReadMeに書いたとおり正直、未完成です。
          TestingFrameworkは枯れてきてますが。
          という事で、自己責任で試して下さい。
          
          フィードバックが頂けると嬉しいです。
          
          SourceForgeのViewCVSのURL
          http://svn.sourceforge.jp/cgi-bin/viewcvs.cgi/BLIFramework/trunk/?root=bli-pj
          
          バイナリとソースのアーカイブは下記で
          https://sourceforge.jp/projects/bli-pj/
          
          SourceForgeにEclipseのProjectを突っ込んで管理してますので
          明日はそのチェックアウト方法でも書いてみます。
          
          寝ます。。。
          
          BLIの過去の資料はこちらへ
          
          #BLI FrameworkはOpenStandiaと同様JDK5で動くようになっております。
          
          
          | BLI Framework | 21:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |